越後七浦撮影記!

越後七浦 立岩


こんにちは、新熊屋@梅雨前線停滞中です。

 

まだ梅雨になる前に越後七浦に行ってきました。

梅雨になる前だったので、青空が広がって気持ちよく撮影できました。

海に行くにはやっぱり空が晴れ渡っているときがいいですね。

 

 

越後七浦とは?

角田山、弥彦山のふもとを日本海に沿って走る国道402号線のうち、新潟市西蒲区角田浜から長岡市野積浜までの区間が越後七浦シーサイドラインと呼ばれています。

新潟市近郊の海岸にしては珍しく奇岩おりなす海岸線を走っていく国道です。

この越後七浦シーサイドラインのドライブも気持ちいいですが、要所要所に点在するフォトスポットを巡りながらの撮り歩きも楽しい場所です。

 

角田岬灯台 

角田岬灯台
角田浜にある角田岬灯台は、角田山の登山道である灯台コースにあります。

角田山から海に突き出た高台に建っている灯台です。そこからの日本海の眺望は「絶景かな絶景かな」と言いたくなる眺めです。

角田山灯台コース

ふもとから登っていくには、切り立った崖につくられたような登山道を登っていきます。SIGMAの15mm魚眼レンズを使えば、地球の丸みを実感できます。 

www.nii-kuma-foto.com

 

越後七浦

近くの海では、こんなことをしている人も。

なんていうのかはわかりませんが、気持ちよさそうでした。

このあたりはサーフィンなどマリンスポーツしている人が意外とたくさんいます。

 

立岩

越後七浦 立岩
角田浜から長岡方面へ少し車で走ると、海の中から巨大な岩が立っています。けっこう車道と近いので、標準レンズでは収まりきらないくらいの大きさです。

この日はまだ日没前の時間帯でしたが、雲を流したくてkaniのND1000フィルターと、REVERSE GND1.2フィルターを使用しました。 

www.nii-kuma-foto.com

 

これでシャッタースピード20秒。もうちょっとシャッタースピードをかせいで海面を凪いだ感じにしてもよかったかも。。。

 

最後に

越後七浦

この日は角田浜近辺で写真を撮っていましたが、もう少し先まで行くとまた違った撮影ポイントがあったりして、このあたりは日本海に沈む夕日を絡めた撮影にはとてもいい場所です。

今回は、日没前に帰宅しましたが、時間があれば日没後のマジックアワーもじっくり撮影してみるのもおススメです。

 

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

ブログランキングに参加していますので、読者ボタンをポチッてくれるととてもうれしいです。

 

プライバシーポリシー お問い合わせ