五十公野公園あやめ園偵察

ハナショウブ

こんにちは。新熊屋@偵察部隊です。

 

あやめが満開になっているとの情報があったので、1週間ほど前に五十公野公園のあやめ園に行ってきました。今回は写真メインの記事です。

 

  

アヤメ満開

アヤメ

今回は手前側のあやめ畑を中心に見てきました。

アヤメ

このあやめ園にはそれぞれ花の足元に品種名の札があるのですが、品種名だけ見てもアヤメかハナショウブかはイマイチ判断がつきませんでした。。。

アヤメ

これは網の目の模様がきれいに入っていたのでたぶんアヤメ。
 

ハナショウブも満開

ハナショウブ

このあたりは黄色い模様が入っていたのでたぶんハナショウブ。

ハナショウブ

ここの「あやめ園」は全体としてハナショウブが多い感じです。

ハナショウブ

紫系のハナショウブが多かったですね。

ハナショウブ

それにしてもミヤビな名前の付いた花が多かったです。

ハナショウブ

「山紅葉(やまもみじ)」、「淡仙女(あわせんにょ)」、「新浦籠(しんうらかご)」などなど。。。

ハナショウブ

こういう名前は、品種改良した人がつけるんでしょうか。とてもセンスのいい名前がたくさんありました。

ハナショウブ

  

五十公野公園あやめ園はこんなところ

五十公野公園あやめ園

山間の谷間につくられたあやめ園。

夜になるとホタルも飛んでいる場所なので、いつかホタルを絡めて撮影してみたいです。

五十公野公園あやめ園

 

最後に

今年はあやめ祭りが中止になりましたが、あやめ園自体は入ることができます。

私の行ったときには、屋台も2,3軒出ていましたので、家族連れでも十分楽しめるのではないでしょうか。

 

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

ブログランキングに参加していますので、読者ボタンをポチッてくれるととてもうれしいです。

 

プライバシーポリシー お問い合わせ