調査!ドローンを飛ばせる場所ってどこ?

f:id:nii-kuma-ya:20200429225007j:plain

aztecaさんによる写真ACからの写真

こんにちは。新熊屋@ドローンで遊んでみたい人です。

 

以前、撮影に行った際にドローンを飛ばしている現場に遭遇しました。

少し小さめのドローンでだいぶ上空を飛んでいたのですが、意外とプロペラの音がしてすぐに気づきました。

ちょっと遠目に「ドローンいいなぁ」なんて思いながら見ていたのですが、ふと「ここドローン飛ばしてもいいんか?」と疑問になりました。

前にTVかなにかで「ドローン飛ばせるところは限定的」みたいなことを言っていたようななかったような。。。

 

それで少し気になったので調べてみました。

 

※以下の記事は、私がわかる範囲で調べた知識になりますので、漏れ、間違い等がある可能性があります。

実際にドローンを運用する際は、関係機関へ事前にご確認ください。

 

そもそもドローンって?

ドローンとは、遠隔操縦や自動制御によって飛行できる無人機の総称になります。

明確な定義はないようですが、この意味ではラジコンの飛行機や農薬散布用のヘリコプターもドローンの範疇になるかと思います。

もっとも一般的なドローンのイメージとしては、比較的小型、複数プロペラでの飛行、空中静止、カメラの搭載、といったところではないでしょうか。

国土交通省のホームページでは、「航空法」による無人航空機の飛行ルールの対象として、

「飛行機、回転翼航空機、滑空機、飛行船であって構造上人が乗ることができないもののうち、遠隔操作又は自動操縦により飛行させることができるもの(200g未満の重量(機体本体の重量とバッテリーの重量の合計)のものを除く)」

出典:国土交通HP

となっていて、一般的なドローンのほかにも、ラジコン機や農薬散布用ヘリコプターなども対象にしてます。

  

飛行禁止区域 

f:id:nii-kuma-ya:20200503173438j:plain

出典:警察庁ウェブサイト小型無人機等飛行禁止法の概要PDF

「小型無人機等飛行禁止法」という法律で、ドローンを含む小型無人機等の飛行を禁止している区域があります。

禁止している区域が

  • 国の重要な施設等
  • 外国公館等
  • 原子力事業所
  • 防衛関係施設

となっています。

そして違反者にたいしては、「機器の撤去その他必要な措置」を命令し、「小型無人機等の飛行妨害、機器の破損その他必要な措置」をとることができ、命令に違反した場合は「1年以下の懲役または50万円以下の罰金」が科せられます。

なお、この法令については200g以下の小型ドローンも含まれますのでご注意ください。

 

f:id:nii-kuma-ya:20200503163700p:plain

出典:国土交通省HP無人航空機の飛行の許可が必要となる空域について

また、「航空法」という法律においては、

  • 空港島の周辺の上空の空域
  • 150m以上の高さの空域
  • 人口集中地区の上空

が飛行禁止区域とされています。

空港周辺、および事項集中地区については、国土交通省HPから確認することができます。

maps.gsi.go.jp

地図の種類で、

を選択すると航空法による飛行禁止区域が確認できます。

 

ドローン飛行のルール

f:id:nii-kuma-ya:20200503164741j:plain

出典:国土交通省HP無人航空機(ドローン・ラジコン機等)の飛行ルールについてPDF

国土交通省が作成したチラシが、わかりやすくまとめてありました。 

①から④は言わずもがな、というところでしょうか。

⑤から⑩によらずに飛行させる場合は、地方航空局長の認可が必要になります。

たとえば、日の出前、日没後の飛行や、建物に接近しての飛行などについては、許可が必要になるということですね。

 

所有者に確認を

法令関係の飛行ルールのほかに、飛行させる場所の所有者の飛行ルールも関係してきます。

例えば、郊外の公園でドローンを飛行させたいとなると、航空法的にはOKでも、自治体などの公園の所有者 がNGと言ったらドローンの飛行はできなくなります。

この自治体ごとのルールはけっこうバラバラのようで、新潟県でいうと新潟市は公園でのドローン飛行は禁止になっていますが、上越市では事前申請で許可を受ければOKという形になっています。


Q1 公園でこんなことをしたい 新潟市

 

よくある質問 公園関係 - 上越市ホームページ

 

いずれにせよ、ドローンを飛ばしていいのかどうかを事前に問い合わせしておいたほうがいいですね。

 

最後に

 ドローンを使った空撮は今までとは全く違った景色を映し出しくれるはずです。

ただし、ドローンの飛行に関しては法令等のルールを順守して正しく運用していくことが必要になります。

 

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

ブログランキングに参加していますので、読者ボタンをポチッてくれるととてもうれしいです。

 

プライバシーポリシー お問い合わせ